2年前の就職活動

就職は人生にとって非常に重要なイベントの一つです。いろいろな情報は入ってきても、実際にどうやって就職が決まっていくのか不安に感じることでしょう。そこで、まずは就職の流れについてみていきましょう。

最近では卒業2年前の6月ごろにインターンシップの情報が公開されます。インターンシップとは、学生が企業で一定期間研修生として働くことですが、実際に就業体験ができるので、就職にとても参考になる制度です。もちろん参加は自由ですが、時間があれば社会勉強のためにも参加することをおすすめします。

7月にはこのインターンシップの選考が開始されます。インターンシップには、人数制限があるので、応募すれば誰でも参加できるわけではありません。

8月、9月にインターンシップが実施されます。インターンシップでは、何を学んだのか、何がわからないのか、もっと何をしたいのか、ただ単に参加するだけではなく、自分の意思をしっかり持てるようにしましょう。

9月から12月にかけては就職説明会やその他イベントが盛んになります。たいへん多くの情報が入ってきますが、あまり情報に惑わされることなく自分の意思をしっかり持って参加していきましょう。また、疑問点を持ったまま抱え込まずに、聞いたり調べたりして疑問点は解消するようにします。

1月からはエントリーシートの提出が開始されます。エントリーシートは、自己分析と企業研究が重要なポイントになります。学校の試験と重なってしまう時期ですから、早めに準備しておくように心がけましょう。ここまでが、卒業2年前の流れになります。